税金関係の話

消費税の経理方法。考え方の違いを知ったうえで選択する。

税抜、税込

はじめに 消費税の納税義務者である事業者は、 経理方法を、税込経理又は税抜経理のどちらを採用してもいいことになっており、 その選択によって、消費税の納税額に違いはありません。   しかし、固定資産を取得した場合は、 一時的に所得の金額に違いが出てきますので、 考え方の違いを知っておくことが重要です。   今回は、固定資産を取得した場合の、 税抜経理と税込経理の違いを検証してみた […]

借方?貸方?イメージしにくい専門用語。

専門用語

はじめに 簿記を勉強したことがある人なら知っている「借方」「貸方」。 端的に言うと、「借方」が左。「貸方」が右です。   仕訳を切るとき、例えば「お金を100円借りて現金でもらいました。」という場合は、 現金100 / 借入金100  となります。 逆に「お金を100円貸して現金で渡しました。」という場合は 貸付金100 / 現金100  となります。   お気づきだと思います […]

提出期限。提出方法によってその考え方は違う。

提出期限

はじめに 確定申告のシーズンになりました。   これから徐々に忙しさが増していき、 この期間は通常業務+個人確定申告をしないといけません。   確定申告の受け付けは(納税申告)2/18(月)~3/15(金)。 この期間内に申告を済まさないといけませんが、 人によっては申告期限ぎりぎりに資料を持ってこられる方もおられて、 過去には最後の最後提出期限に提出したこともあります。 &n […]

年末調整の用紙。内容が複雑すぎて正しく理解して書ける人がほとんどいない。

はじめに 税理士業界では、一般的に12月~5月頃まで繁忙期と言われています。 12月は年末調整。 1月は法定調書合計表、給与支払報告書及び償却資産申告書の作成・提出。 2~3月は所得税の確定申告。 5月は法人の3月決算。とイベントが目白押しです。   今は、ぼちぼち年末調整の用紙が集まり始めたので、 記入内容のチェックやシステムへの入力作業をしているところです。   また、今年 […]

消費税の納税義務者は事業者。消費税を負担することの意味を考える。

はじめに 私たちが買い物をしたら、その商品やサービスの価格に対して 8%の消費税がかかります。(2019年10月以降は10%になる予定です)   消費税は、商品やサービスの消費という部分に着目して課せられる税金で、 最終的にそれらを消費する人にその負担がかかるように設計された税金です。   そして、その消費税の納税義務者(納める人)は事業者。 つまり、事業をしている人に対して消 […]

ふるさと納税の返礼品は所得になる。

はじめに ふるさと納税やってますか?   要件を満たせば、実質2,000円で様々な返礼品がもらえる「ふるさと納税」。   先日、総務省がこのふるさと納税の返礼率が高いとして、 来年2019年の4月からふるさと納税制度の抜本的見直しをすると発表しました。 寄付金に対する自治体の返礼品の額の割合が3割を超えている場合や、 返礼品が地場産品でない自治体への寄付は税優遇の対象からはずす […]

歯の治療費を医療費控除とする場合の注意点

インプラント

はじめに 「この歯、インプラントなんだぜ?」 と自慢げに話す人は少ないと思いますが、歯の治療費というのは自慢したくなるぐらい高いです。 特にインプラント治療ともなると、数百万円かかることも珍しくなく、 「口の中に高級車を入れているみたいなもんだ」と、冗談めかして言うおしゃれな方もおられます。(こんなお金がかかる冗談はあまりない)   歯の治療は集中的に行いますので、年間合計すると、結構な […]