名探偵ピカチュウを観て。期待と現実のギャップ。

はじめに

長女(5歳)はポケモンが大好きで、
ポケモンのアニメや映画をよく見ており、
ポケモンのぬいぐるみもよくせがまれます。

 

そんなポケモン好きの長女は、ピカチュウという単語に敏感で、
最近イオンモール等で宣伝している映画「名探偵ピカチュウ」を見たいとのこと。

そこで、さっそく公開初日の5/3に鑑賞してきました。

 

あらすじ

子供のころポケモンが好きだったティム(ジャスティス・スミス)は、
ポケモンに関する事件の捜査から戻らないままだった父親のハリーが、
事故で亡くなったと同僚のヨシダ警部(渡辺謙)から知らされる。

人間とポケモンが共存する街、
ライムシティにある父親の部屋を訪れたティムは、
人間の言葉を話す名探偵ピカチュウに遭遇。

ピカチュウは、ハリーが生きていると確信していた。
Yahoo映画

 

 

期待と現実が違いすぎると

長女の中でポケモンというのは、
小さくてかわいいものというイメージがあるようです。

 

アニメもヌイグルミも、小さくてかわいいキャラクターがたくさん出てきます。

しかし今回の映画は実写で、目指すところが「もしポケモンが現実世界に居たら」
というところなので、そもそものコンセプトが違うのかなと。

ですから、当然に映画の世界ではポケモンはかわいいだけでなく、
強くて怖いという部分が強調されて、
子供の期待するところからは大きく離れていくことになります。

 

子供はかわいいという期待値から、映画を見たいと言っていましたが、
実際映画を見ていると怖さが勝ってきたようで、

途中で怯えて目をそらして泣く場面もありました。

 

私は、最新のCG等が駆使されていて、なかなか楽しめたんですが、
子供には刺激が強すぎたようです。

 

しかし2歳の下の子は、まだ期待も何も持ち合わせていないのか、
ただただポップコーンをほおばりながら楽しそうに見ていました。

 

おわりに

映画を見て、上の子と下の子の反応の違いに驚きました。

年齢の差なのか、性格の違いなのかは分かりませんが、
子供の成長と最新のCG映像と、
映画にはポップコーンが必須だということを学んだ一日でした。