税理士紹介

税理士/佐藤憲亮

【自己紹介】

京都市で税理士をしている佐藤憲亮(さとうけんすけ)と申します。

 

税理士登録番号:第145026号

生年月日:1983年(昭和58年)7月28日生

出身地:京都市北区

居住地:滋賀県大津市

事務所:京都市中京区リトラス税理法人

 

税理士は難しい話を難しい顔で話す、という一般的なイメージがあるかと思いますが、難しいことについては一般的な内容を話すだけでなく、相手の状況に当てはめて話さなければ理解は伴わないと考えています。

 

そのため、難しいことを分かりやすく話すために、対話の中で状況を整理し、相手の状況に当てはめて伝えることを心がけています。

 

このように、人と人との対話があってこそ、正しい税務判断が下せると考えているため、私はお客様との対話を大事にしています。

 

そして、お客様との対話を続けていけば、何でも安心して気軽に相談していただけるようになり、結果としてお客様の事業にも好影響を与え、お客様の利益に貢献できると信じています。

 

なお、税理士個人としての業務は税務顧問をメインとし、京都府・滋賀県を中心に活動しておりますが、税理士法人として大阪・東京にも事務所を構えているため、全国対応も可能です。

 

また、社労士法人と弁護士法人も、グループとして併設しており、一気通貫で何でもご相談いただけるのが全体の強みとなります。

 

【資格】
・税理士(第145026号)
・AFP(ファイナンシャルプランナー)

 

当ブログは2018年にスタートし、1年間平日毎日更新の縛りルールではじめて、現在300記事を超えました。

また、最近は、執筆のご依頼をいただくことが多くなったため、執筆業にも力を入れております。

 

【執筆可能ジャンル】
・税務記事
・税理士業界の転職に関する記事
・お金に関する記事
・会計ソフトに関する記事
・税理士業務に関する記事
・クラウドサービスやツールに関する記事

 

もともと読書や文章を書くことが好きで、ブログで私的見解や経験したこと等を書いてきましたが、最近は依頼者のニーズに答えた記事も書きたいと思うようになり、税務関連記事の執筆や監修のご依頼もお受けするようになりました。

 

【執筆実績】

「令和4年住宅ローン控除の税制改正は改悪なのか?改正内容を押さえて住宅ローンのシミュレーションをしてみよう」

「インフレ状況下で住宅取得をする際に考えておくべきこと」

「比較biz」で税務記事の監修

その他執筆記事多数

 

また、大学院では約5万字の税法論文を1年かけて執筆し、税法を深く学び考察し、それを文章に落とし込むという専門的な論文執筆の経験もいたしました。(法学修士(税法)の学位を取得)

 

【執筆について】

納期を守ることはもちろん、丁寧なコミュニケーションを心がけております。
ご連絡いただければすぐに対応できる態勢を整えておりますので、気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

【経歴】
・WEB記事の執筆、監修・・・80本程度
・word press個人サイトを運営(ライター歴)・・・4年
・個人サイト投稿記事・・・300記事以上
・税法論文(5万字以上)・・・1本
・税理士業界実務経験・・・15年
・法学修士(税法)

 

【出身校】

小学校:大将軍小学校(京都市北区)

中学校:北野中学校(京都市北区)

高校:山城高等学校(京都市北区)

大学:大谷大学(京都市北区)

大学院:龍谷大学院(京都市伏見区)

 

【過去に利用したことのある会計システム等】
・MFクラウド会計
・freee
・弥生会計
・MJS
・TKC
・JDL
・勘定奉行
・大蔵大臣
・達人シリーズ
その他、Excel、Word等の基本ソフト利用は問題ありません。

 

税務実務ついて

人生はいつからでも軌道修正ができます。

税理士を目指すまでの特に目標もなかった頃は、何も自分から行動を起こすこともなく行き当たりばったりな生き方をしていました。

 

しかし、自分の人生を変えるために税理士になりたいと強く思い、税理士試験のための勉強を毎日継続して目標に向かって自分から行動を起こし続けていると、人は少しづつ変わっていきます。

 

考え方や行動を変えるには時間がかかるものです。

何かを変えたければ、10年後、20年後に自分はどうなっていたいのかを考え、そのために今できることを精一杯やるしかありません。

 

本気で取り組んだことは、いつか必ずなにかの形で自分に返ってきます。

諦めずに先を見据えながら、目の前の課題を一つずつ解決していく。

 

日々の積み重ねと忍耐が本当の実力や成果に繋がるのだと信じています。

 

また、これは個人だけに限った話ではなく、事業であっても同じようなことが言えます。

 

正しい目標を立てて計画通りに、目標に向かってコツコツと積み上げていく。

この方法でしか達成できないことはありますし、事業の安定や継続を目指すなら尚更です。

 

私は経営者の方から相談を受け、一緒に考えてアドバイスやお手伝いをさせていただく、ビジネスパートナー的な存在の税理士を生業としています。

経営者の方から相談を受ける中で、税法の知識や経験だけでなく、他の法律の知識が必要だと感じることも多く、まだまだ勉強しないといけないと思うことが日々あります。

 

生きている限りは、学び続けないといけないと考えていますので、私と関わりを持っていただいた方とは、一緒に成長していけるような関係になりたいと思っております。