プロフィール

自己紹介

はじめまして!

税理士の憲亮(@lklkfafa1)と申します。

 

働きながら大学院(法学研究科)を修了し、令和2年3月に法学修士(博士課程前期修了)の学位を取得。同年12月16日付で税理士登録しました。

 

また、令和3年1月より税理士法人の京都支店を立ち上げるため、現在少しづつ準備をしているところです。

 

仕事について

人生はいつからでも軌道修正ができます。

税理士を目指すまでの特に目標もなかった頃は、何も自分から行動を起こすこともなく、暗い生き方をしていました。

 

しかし、税理士になりたいと強く思い、税理士試験のための勉強をし、大学院に行って勉強したり、目標に向かって自分から行動を起こし続けていると、人は少しづつ変わっていきます。

 

これは人だけに限った話ではなく、企業にも同じようなことが言えます。

 

正しい目標を立てて、計画通りに目標に向かってコツコツと積み上げていく。

この方法でしか達成できないことはありますし、事業の安定や継続を目指すなら尚更です。

 

私は経営者の方たちから相談を受け、一緒に考え、アドバイスやお手伝いをさせていただくビジネスパートナー的な存在の税理士を生業としています。

 

仕事の経験としては、個人医院や医療法人の経験が多くありますが、税理士業界の経験も長いため、幅広い業種を経験してきました。

 

現在、令和3年1月の京都事務所開設に向けて、顧問税理士をお探しの方を幅広く募集しております。

税理士をお探しの方は気軽にお問い合わせください。

(HP準備中のため、料金等はお問い合わせいただければ別途ご案内いたします)

ブログをはじめたきっかけ

私は、税理士試験を10年以上受けてきましたが、結果がなかなか出ませんでした。

 

その間、大学院の科目免除制度を知っていたにも関わらず、大学院を選択しなかったのは5科目合格へのこだわりからでした。

 

葛藤の末、5科目合格へのこだわりを捨てたことで、税理士資格取得の時期が明確になり、この先の人生を考えることができるようになったと感じています。

 

大学院での学びは想像していたものとは大きく違い、科目免除するだけでなく得るものも多くがありました。

 

私と同じように、税理士資格取得に人生をかけている人は沢山いるでしょう。

 

少しでも多くの人があきらめずに、税理士という目標にたどり着けるよう、情報が少ない大学院のことついて発信しています。

 

受験期間が長引けば長引くほど思考は凝り固まっていくので、自分と同じように苦しい思いをしている人の足しになればと思っています。

 

ブログでは、主に税理士試験の一部科目免除を受けるための「税法免除大学院」のことについて書いており、税理士資格取得を目指している人の応援をしています。

 

略歴

・0歳 へその緒を首に巻いて産まれる

 

・1~5歳 調子乗りですぐ泣く子供として育つ

 

・6歳  父他界により母子家庭化

 

・6~12歳 小学生 本能のままに生きる

 

・12~15歳 中学生 ちょっとグレる

 

・15~18歳 高校生 だいぶひねくれる

 

・18~22歳 大学生 人生諦めモードに入る

 

・22~23歳 簿記に出会い、はじめて勉強の面白さを知る

 

・23~27歳 個人税理士事務所(京都)に就職し、パワハラを受けてダークサイドへ落ちる

 

・27~37歳 別の個人税理士事務所(京都)へ転職

 

・37歳 税理士法人(大阪)へ転職

 

・37歳 税理士登録、京都事務所の代表となる

 

資格試験

・23歳 就活が上手くいかず、たまたま新聞広告で見つけた「簿記3級1万円!」に飛びつく。

人生で初めて勉強の楽しさを知り、日商簿記3級・2級・簿記論 合格。

(この年は中国料理店でアルバイト)

 

・24~27歳 税理士事務所に就職するも、パワハラを受けていたため、勉強する気力もなく記念受験生として、受験生の分母を引き受ける。

 

・28歳 転職し、元気を取り戻して再度勉強を頑張る。財務諸表論 合格。

 

・29~33歳 いろんな科目に手を出しすぎて、収拾がつかなくなる。

 

・34歳 消費税法 合格。

 

・34歳 大学院入学、FP3級・2級合格、AFP登録。

 

・36歳 大学院修了 法学修士。

 

・37歳 税理士登録。

 

保有資格等

・税理士

 

・AFP