興味を深く掘り、自分と社会との接点を知る。

興味を深く掘り、自分と社会との接点を知る。

はじめに

自分の興味掘ってますか?

誰しも興味のあることや好きなことがあり、
興味のあること、好きなことをやっている最中は、
そのことにのめり込んで寝食を忘れることも珍しくありません。

 

こういった時は時間の感覚も普段とは違い、
あっという間に時間が過ぎてしまったと感じます。

 

私は時間を大事にしたいと考えていて、
だからこそ、自分の興味を深く掘って、
時間の感覚をなくしたいと思っています。

 

時間の感覚を忘れられることが幸せと感じる

私は常に時間を気にするタイプで、
仕事中でも遊び中でも時折時間を確認する癖があります。

 

時間を気にするのは、
ポジティブ面では、やりたいことがたくさんあるから、
ネガティブ面では、自分に残された時間を意識しするからです。

 

自分に残された時間というのは、端的に言うと「寿命」。

 

なんかすごい重そうな話ですが笑、
誰しもいつ寿命が尽きるかはわからないので、

自分のやりたいことだけに時間を使いたいと、
いつもわがまま思考がわいてきます笑。

 

できるだけネガティブな思考はしたくないし、全てを楽しみたい。
全てを楽しめるように自分の思考を変えていきたいと思っています。

 

そんな思いとは裏腹に、常に時間を気にしてしまう性格なので、
時間を忘れられるくらい何かに集中出来たり、
楽しかったり、寝ることが好きです笑。

 

自分の興味を深く掘る

仕事であっても、遊びであっても
自分が興味を持ったことはやることにしています。

 

私の場合、一度興味を持ったらその興味を忘れることが難しく、
たとえその興味を忘れようと無視していたとしても、
必ずまたその興味はひょっこりと顔を出してきます笑。

 

長年の経験から、そうなることが分かっているので、
最初に興味を持った時に手を付けるように心がけています
(鉄は熱いうちに打てともいいますし)。

 

ただ、飽きるのも早いので、すぐにやめることも多いですが、
続くかどうかはやってみないとわからないので、
興味を持ったら猪突猛進でとりあえず前に進むことを優先しています。

 

昔は単純に、何でもかんでも浅く広く手を出していたんですが、
その広く浅くから手に入れた知識を基に、
最近はできるだけ的を絞ってピンポイントに深く掘っていこうとしています。

 

広く浅くと深く狭く

このブログなんかもそうなんですが、
最初は何も考えずに思いつきで自分の経験や思う事を書いていました(浅く広く)が、
いろいろ書いていくうちに、自分の興味や誰かに伝えられることが分かってきて、
自然と的が絞られてきたかなと(深く狭く)。

 

最初からピンポイントでいける人は素晴らしいと思いますが、
私を含めて多くの人はそうではないので、
大抵はやっていくうちに少しづつ的が絞られていきますし、
必要な知識や考え方が身についてくものです。
(当ブログはまだ的を絞り切れてはいませんが・・・)

 

また、自分の興味を深く掘って記事を書いていくことで、
誰かが私の興味を書いた記事に興味を持ってくれて、
意外なところで誰かと繋がり、新しい情報を得て、
社会とのつながりを感じることもできます。

 

私の場合、Twitterを通じて感じることが多いです。

 

自分から発信をしない限り、
自分のもっている知識や経験を知る人はいませんので、

まずは匿名でもいいので発信してみて、
誰かのリアクションから多くを学び、
自分の社会との接点を知ることがブログの楽しみの一つでもあるかなと思います。

 

ブログと論文

また、ブログを書くことにより文章を書くスキルは確実に上がります。

ブログや論文のように長文を書く機会は、
文章を書く仕事をしていない限りそれほどないと思いますし、
前後の文章とのつながりを考えながら書いていくというのは、
なかなか難しいものですし、ある程度の慣れと練習が必要です。

 

ブログと論文は文章の調子が大きく異なりますが、
前後の繋がりを考えながら文章を書くというスキルは共通して必要です。

普段長文を書かない人は、文章を書くことへの苦手意識を克服するのにも役に立ちます。

 

おわりに

こうやって溜まった自分の思いをブログに書き綴ることで、
自分のネガティブ面が引っ込むような感覚が味わえます。

 

引っ込むだけで、自分の外に出ていくわけではないのですが、
ブログを書いて考えている間は時間を忘れられるので、
それだけでも私の役には立っていると感じています。

 

文章を書いていると、いろいろと自分の思いがポロポロ出てきて、
自分のことを知り、それを人に伝えるにはいいコンテンツだなと改めて感じてる次第です。

 

長々と書きましたが、
結局のところ言いたいのは、何か一つを深く掘り続けて、
その掘り進めた先で社会と繋がれることは何かを考えてみようということです。