租税資料館賞へ応募するには

租税資料館賞へ応募するには

論文をどこに公表するか

修士論文は大学院外部へ自動的に投稿されることはありませんので、書いたものを世の中へ発信するかどうかは自分次第です。

 

私の場合、書いた修士論文は大学院内で保存され、さらに大学院の法学研究科が発行する論集にその要旨が記載されることになります。

 

論集の完成は秋ごろなので、今はどこにも公表はされてはいないません。

しかし、せっかく時間をかけて書いた論文なので、租税資料館賞に応募してみようかと考えています。

 

租税資料館賞について

租税資料館賞とは、公益財団法人租税資料館が、応募された税法等に関する論文や書籍の中から優秀なものについて表彰を行うもので、飯塚毅博士が創設されました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、飯塚毅博士はTKC(栃木計算センター)の創設者でもあります。

この業界にいればTKCを知らない人はいないですし、またここでTKCの名前を聞いてTKCってすごいんだなぁという、普通の感想を持ちました。

 

まだ準備はしていませんが、修士論文をそのままの形で応募できそうなので、締切の令和2年3月31日にまだ間に合いそうです。

 

募集要項

対象作品
税法学並びに税法と関連の深い学術に関する著書及び論文(翻訳ものも可、また、単なる実務上の解説書の類は除く)。
平成30年4月以降に発刊又は発表されたもの及び未発表のもの。
大学院生(これに準ずる者を含む)の論文については、租税資料館奨励賞を設ける
なお、大学生以下の者の応募は認めない。
奨励賞の応募作品の字数(本文及び注記に用いる字数で、目次及び巻末の参考文献に用いる字数は含めない。)は、36,000字以上とする。
日本人及び日本国内の大学院に在籍する外国人が在籍中に作成した、英文による論文の応募を認める。この場合、奨励賞応募作品の字数は11,000words以上とする。
共著については、著書の全体について複数の著者が共同・連携して執筆したものを表彰の対象とし、複数の者の分担・寄稿による論文集形式のものは対象としない。
応募要領
執筆者本人から申請のあったものについて選考する。
著書・論文表彰申請書は当財団の様式による(日本語に限る)。
著書・論文とも氏名、住所、電話番号、メールアドレス、略歴等を明記した申請書及び1500字程度の要約を添付する(住所が外国にある場合には、日本国内の連絡先を記載する)。
上記3に加えて次のものを提出する。
著書の場合
当該著書1冊
論文の場合
印刷した原稿一式
 上記3の要約及び原稿一式(Word形式のデータ)
著書は当該著書1冊を提出し、論文は印刷した原稿および電子データ(Word形式)原稿の双方を提出する(応募に要した費用等の負担は負わない)。
当館宛てに提出された書類等は返還しない。
過去に著書で租税資料館賞を受賞された方は著書による応募を、論文で租税資料館賞を受賞され方(奨励賞で受賞された方を除く)は論文による応募を、ご遠慮ください。
応募作品は、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を順守していること。
他の団体との二重投稿は認めない。
発  表 令和2年11月
当館の代表理事から賞状及び賞金を贈呈(表彰式の写真がホームページに掲載されますので、ご承知おきください)
賞  金 租税資料館賞    著書80万円   論文50万円
租税資料館奨励賞    30万円
最優秀賞に該当する著書は100万円、論文は80万円、
奨励賞は50万円を贈呈
締  切 令和2年3月31日(消印有効)

 

おわりに

大学院生は租税資料館奨励賞(賞金30万円)を目指して

➀本文+脚注で36,000字以上の論文

➁1,500字程度の要旨

➂申請書

➃➀➁のデータ

をもって応募することになります。

 

日常生活を何かしらのドキドキを持ちながら過ごした方が、メリハリがついて楽しいので、今年修了された方は、応募を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【編集後記】

4月に家族で出場する予定だった、伊勢志摩のマラソン大会が中止になりました。

 

流石に寂しい気持ちになりましたが、これも仕方がないことなのかなと。

 

でも旅行にはいきたいので、何か別のプランを考えることにします。