朝の時間を有効活用
avi_acl / Pixabay

早起きは三文の徳

みなさんご存知、有名なことわざです。

ことわざにもなるぐらいですから、早起きにはメリットがあると感じている方は多いと思います。

 

「じゃあ三文って、現在の日本円にするとどのくらいの金額なのよ?」

ごもっともな質問です。はい。試算しましょう。

 

試算の基準として、今回はざるそばの金額を使っていきます。(何となく、ざるそばが食べたい気分なので)

江戸時代に普及したといわれる当時のざるそばの金額は16文。

これに対して現代のざるそばの金額は800円~1,000円。⇒今回はざるそばの金額を800円とします

そして、江戸時代のお金の換算相場は、金1両⇒銀60匁(もんめ)⇒銭4,000文となりますから、

一文を現在の価値に置き換えると、4,000文÷16文×800円÷4,000文=50円となり、

50円×3文=150円となります。

 

つまり、朝早く起きると150円くらいの徳が積めますよ!ってことだと私は解釈しています。

 

また「得」でなくて「徳」となっているのもポイントで、精神論的な話を金銭価値(数字)で表現していますので、納得しやすいです

 

一日にすると150円ですが、これを一か月続ければ4,500円、一年続ければ54,000円の徳を積めます。この金額が多いか少ないかの感じ方は人によって違いますが、積み重ねが大事ということさえ、分かってもらえれば満足です。

 

ただ、この三文という金額は、取り組み方や取り組む事柄によって、大きくも小さくもすることができますので、高い金額を目指しましょう。

 

朝の時間を使うメリット

①自分だけの時間をもてる

②今日一日に余裕がもてる

③考える時間をたくさんもてる

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

自分だけの時間をもてる

仕事をしていて家庭もあると、なかなか自分だけの時間というのはとりにくいですが、どこで時間を取るかと考えると、朝か夜の二択しかないです。

例えば、自分だけの時間が夜だと

・残業して帰りが遅くなった。

・家事をしていて遅くなった。

・テレビを見ていておそくなった。

という理由から時間を取れないリスクがあります。

 

これを朝にすることで

・仕事の前に

・家族が起きる前に

・見たいテレビがない時間帯に

誰にも邪魔をされずに、自由なことができますので、より効果は高いでしょう。

 

今日一日に余裕が持てる

朝のうちに、やるべきことをやっておくことで、その後の時間に余裕ができます。

今まで夜にやっていたことを朝に回すだけで、夜は残業し放題、家族と遊び放題、テレビ見放題、

としてもいいわけです。

 

なんせ、やることはやっていますから、「今日もできなかったなぁ。俺(わたし)はダメなやつだわ!」等と自己嫌悪に陥る必要もなく、精神衛生面でも良いです。

 

夜にやっていたことを朝にやるだけで、仕事や遊びにも余裕ができて、エグゼクティブな気分で生活を送ることができるでしょう。(あくまでも気分です)

 

考える時間をたくさんもてる

一日のはじめに、やりたいことをやっておくと、そのことが頭の中にインプットされますので、そのあと仕事に入ったとしても、頭の中では自動的に、インプットしたことを考えてくれています。

 

そうすると、次に同じことに取り組んだ時に、前に考えていたことや、答えが出なかったところが自然とクリアになることがあります。

 

これは非常に大きなメリットなので、頭の中に考えておきたいことを置いておくイメージで、人間の頭の機能をフル活用しましょう。

 

私が朝にやっていること

朝は6頃に起き、新聞を読んで、読書をして、その後にブログを書いて仕事に行く。

大まかにはこんな感じです。

あとは、今日の予定を再確認して、頭の中で、今日一日何をするかのイメージを作っておきます。

全てが予定通りに進むことはありませんが、今日一日をスムーズに進めるために、私にとって朝の時間は、貴重な時間です。

 

まとめ

ここまで述べてきましたように、朝の時間を有効に使うことは、効率面や精神衛生上にいいと感じています。

また、予定通り進まなかったときの、調整時間として活用するでもいいですし、

自分の24時間をフル活用できるように、「朝の時間を有効活用」を実践してください。