期待しすぎない。前と同じにならない様に何かひとつ足していく。
geralt / Pixabay

はじめに

目先の利益は、新しいことをはじめるモチベーションとなります。

しかし、目先の利益に期待しすぎて、すぐに成果が出なければやめてしまいますし、
大概のことは、すぐに成果は出せません。

期待をしすぎると成果を出せるようになるまで続けることができませんし、
自分の新しい才能や興味を見つける機会を失ってしまうことにもなります。

続けるためには期待をしすぎず、コツコツ続けていくことが必要です。

 

期待をしすぎずコツコツと

「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、
どんなことでもやってみないと分からないものです。

 

新しいことに取り組む前の不安感を払拭するために、
いろいろ調べてから取り組むこともあると思います。

 

いろいろな人の成功体験を見聞きしていると「自分も成果を出せるかも」と
期待感が高まりますが、実際やってみると、
成果を出せない自分とのギャップを許容できなくて
「やっぱりやーめた」となりがちです。

 

続けるためにはすぐに成果を期待せず、その過程を楽しめるように工夫をし、
ただただコツコツと続けていくしかないかなと思います。

 

ひとつ足す

コツコツ続けている中でもマンネリ化しないように、
同じことを繰り返しやる場合は、そこに何かひとつ足してみるということも大事です。

 

私は、昨日の自分よりも今日の自分のほうが進化していると思いたいので、
前と同じことを繰り返しやるときは、
新しいことをひとつでも足せないかを考えるようにしています。

 

人間は、変われる様で変われないもの。
変わった先でも変わる意思を持ち続けなければ、変化はその一回きり。

 

変わろうと気を付けていても、時間がないという理由から、
前と同じにやってしまうことがあります。

 

「なぜこうした?」という質問に「前がそうだったから」
という答えほどお粗末な答えはありません。

自分で考え、自分の意思で前に進んでいきたいものです。

 

おわりに

目先の利益にとらわれないためには、先のことを考えて、
自分がどうしたいかを考える必要があります。

私は、具体的にどうして生きたいかはっきり決まっておらず、
ぼんやりと将来独立したいと思っている程度。

今は具体性はないにしても、進む方向は決まっているのでとりあえず進んでいる状況です。

その中で、興味を持ったことをやってみて、やりながら決めていくしかないのかなと、
これもまたぼんやりと思っています。