大学院修士課程M1・M2のMの意味。博士課程のDの意味。

大学院修士課程M1・M2のMの意味。博士課程のDの意味。

はじめに

大学院の修士課程に入学すると、大学院関係者からは、
当たり前の様に1年生は「M1」。2年生は「M2」と言われることになります。

また、博士課程の場合は「D1」「D2」・・・となります。

 

入学した当初は、M1とは何のことを言っているのかちんぷんかんぷんで、
「もしかして、マニアックのМか?」とか思っていました
(この冗談は、つまらないという一定の評価を得ています)。

 

修士課程のM

修士課程のMは「master’s degree」のMです。
これは「修士号」のことを指します。

 

英語圏では「master(マスター)」といい、
ドイツ語圏では「Magister(マギスター)」です。

 

今は制度が変わってなくなりましたが、税理士試験で科目合格なしに、
大学院の修士課程を2度修了することで、
税理士資格を取得した人のことを「ダブルマスター」なんて言います。

 

また、「master」を直訳すると、「極める」「使いこなす」という意味があります。
修了した頃には税法を極めて、使いこなせるようになっている。
ということにもなります。

が、頑張ります。

 

修士課程の場合、「M1」「M2」と呼ばれることになりますので、
意味は知っておきましょう。

 

博士課程のD

博士課程のDは「Doctor」のDです。

wikipediaでは

博士(はくし、はかせ)は、
人類が保有する教育機関・体系の中で与えられる学位のうち最高位のものである。

と説明されています。学士⇒修士⇒博士という順序です。

 

ドクターと言うと医師を想像する人が多いと思いますが、
ドクターは医者のドクターと博士のドクターに区分されます。

 

医師のドクターは「Medical Doctor」の略称であり、
博士号(法学)のドクターはDoctor of Juridical Scienceの略称です。

どちらも同じドクターなんですが、その意味は違うということは知っておいて損はないです。

 

おわりに

博士課程後期がある大学院では、修士課程は博士課程前期ともいいます。

 

M1、M2というのは、大学院に行くと何度も耳にする言葉です。

 

何度も耳にする言葉は、「知っている」と勘違いしてしまうことがあるので、
「知っている」ということの確認は、人に説明できるかを基準にしましょう。