子供が子供らしくいられる期間は短い

はじめに

お盆休みが終わり、今週から通常モードに戻りましたが、今週はリハビリを兼ねてのんびり仕事をしています。

 

3年前まで毎年税理士試験を受けており、一昨年と昨年は大学院のレポートやら論文やらで、夏の時期は何かとやることがありました。

 

そのため、税理士試験を受験するようになってからの10数年間は、夏に思いっきり遊ぶということはできませんでした。

 

子供と遊ぶ夏休み

今年の夏休みは、その解放感から、キャンプ、BBQ、プール、川遊び、釣り、カブトムシ取り、花火と子供たちと一緒に遊びまくりました。

 

税理士試験を終えて、子供たちと気兼ねなく遊べるようになったのは嬉しい限りです。

 

試験を受けていた頃、休みの日になると子供から「今日も学校行くの?」と聞かれ、子供が一緒に遊べないことを察して残念そうにしていましたし、子供にこういうことを言わせたらダメだなと感じていました。

 

家族との時間を作るということが試験への一つのモチベーションになっていましたし、子供と遊ぶ時間を作るためにも早く終わらせないといけないと思っていました。

 

そして、この夏は試験も論文もなかったので、やっと子供たちと思う存分遊ぶことが出来ました。

 

子供は結構親のことを見ていますので、忙しそうにしていると子供なりに空気を読もうとするものです。

 

自分の子供の頃を考えても、親が毎日仕事で忙しそうにしていたら、迷惑をかけまいと自分だけで遊ぶことを探していましたし、子供も子供なりに我慢はしています。

 

自分が嫌だったことは子供に受け継いでほしくないので、不必要に気を遣わせない様に気を付けたいところです。

 

子供が子供らしくいられる期間

子供が子供らしく過ごせる期間はいつまででしょうか。

 

子供自身や家庭環境によるかもしれませんが、子供が無邪気に過ごせる期間はそう長くありませんし、周りを見ていると、その期間は昔に比べて徐々に短くなってきているような気がします。

 

子供の大人っぽい言動を目の当たりにすることがたまにあるので、そういう時は親としてしっかりしなくてはと思います。

上の子は小学生になり、子供と一緒に遊べるのはあと何年かなと考えると少し寂しくなります。

 

だから今は、できるだけ子供が子供らしく遊べる機会をたくさん作ることを頑張り、一緒に遊ぶことを優先したいと思います。

 

おわりに

毎年夏になると税理士試験を受けていたことを思い出して、感傷的になってしまう後遺症を抱えています笑。

 

試験を受けていたころは早く終わりたいとばかり思っていましたが、今はそれらの辛かった経験が、徐々にいい思い出となってきています。

 

のど元過ぎればなんとやら、明日以降の試験を受ける方は頑張ってください。