2019年8月

自分の研究の重要性は自分で決めることが重要。

はじめに 大学院の夏休みもそろそろ終わりに近づいており、M1は夏休みの課題、M2は論文の執筆で焦りが出てくる時期であり、私も”はよせな”と焦っています笑。M1の時は後期の授業の準備や課題をこなすので精一杯で気にもしなかったんですが、大学院は自分で学ぶ姿勢、研究に取り組む姿勢を常に正しておかないと、何もしなくても時間だけは過ぎていってしまうものと感じています。   特にM2の夏休みは、授業 […]

税理士試験5科目免除。ダブルドクターはありえるのか。

はじめに 大学院には、修士課程と博士課程というものがあり、一般的に修士課程と博士課程の両方を設定している大学院では、修士課程のことを博士課程前期と言い、博士課程のことを博士課程後期と言ったりします。   今回は、税理士試験の科目免除に係る、いわゆるダブルマスターとダブルドクターの制度について考えてみたいと思います。   大学院修士課程M1・M2のMの意味。博士課程のDの意味。 […]

採点者側から見た、日商簿記検定(記述式試験)の注意点。

はじめに 私は、日商簿記検定3級・2級の採点委員をやっていたことがあり、本試験で多く人の答案用紙を見てきました。採点をしていると、解き方や答えは分かっているのに、単純に漢字が間違っていたり、読めない数字を書いていたりで、バツを付けざるを得ないこともありました。   好意的に見れば合っているのに、しょうもない間違いで不合格になる人もいるわけで、結果が出ずに嫌になって簿記の勉強を辞めてしまう […]

リアル社会とネット社会を繋げて情報吸収力を上げる。

はじめに 先日、はじめてTwitter上で交流のある”くまお”さん(@kumaco55)が主催される食事会に参加してきました。   今までも、オフ会的なものに興味はあったんですが、インドア派の私は参加の機会を逃し続けてました。そんなところに、くまおさんからお誘いを頂き、人生初のオフ会に参加してきました。   伝わりやすさが違う 当然のことではあるんですが、ネット上での文章のやり […]

税理士試験一部科目免除大学院での学びは実務で役に立つのか。

はじめに 大学院修士課程を修了し、国税庁へ税法学に関する論文を提出・認定を受ければ、税理士試験科目の内、税法科目2科目について試験の免除を受けることができます。また、会計科目についても同様の条件を満たせば、会計科目1科目について試験の免除を受けることができます。   税理士試験の一部科目免除制度は、平成13年に大きく改正され、前記の様な制度へ変わりましたが、それ以前は論文のテーマに関わら […]

税理士試験を受け続けていると夏の楽しみも奪われ続ける。

はじめに 税理士試験本試験の日程は、毎年8月初旬。税理士試験受験生は試験が終わるまでは、自由時間は全て勉強に充てないといけません。短期で全てを合格できたのなら問題ないんですが、受験経験が長期にわたると、試験を受けなくなっても後遺症が残ります。   私は受験が長期化している人です。大学院に行き、昨年から税理士試験を受けなくなりましたが、試験日が近づいてくると今でもソワソワ・ドキドキする始末 […]

ストレスを軽減させるアイテムを側に置くいておく。

はじめに 長年使っているものは愛着がわいてきます。愛着のあるものを自分の近くに置いておくだけ、視野に入るところに置いておくだけで安心できますし、気分が上がります。   先日、私が愛用していた電卓が寿命のためか壊れてしまいました。 相棒の電卓が暑さに負けて故障した。この電卓で仕事をし、税理士試験に何度も挑んだ。(結果は問わないで笑)最近はスマホに浮気したりもしてたけど、数字や+が擦り切れる […]