2019年2月

1/2ページ

繁忙期。仕方がないと自分を説得するのか、しないのか。

はじめに 税理士事務所では、今まさに繁忙期といわれる期間の真っ最中。 個人確定申告が多い事務所に勤めている場合は、避けようがない繁忙期。 忙しさにかまけていろいろなことがおざなりになりがちな今日この頃です。   「この時期は仕方がない」と割り切るのか、そうでないのかは考え方次第です。   私は飽きっぽい性格で、基本的にまとめてやるというのが苦手です。 かといって、コツコツやるこ […]

期待しすぎない。前と同じにならない様に何かひとつ足していく。

はじめに 目先の利益は、新しいことをはじめるモチベーションとなります。 しかし、目先の利益に期待しすぎて、すぐに成果が出なければやめてしまいますし、 大概のことは、すぐに成果は出せません。 期待をしすぎると成果を出せるようになるまで続けることができませんし、 自分の新しい才能や興味を見つける機会を失ってしまうことにもなります。 続けるためには期待をしすぎず、コツコツ続けていくことが必要です。 &n […]

ハードローとソフトロー。守るべき法律とそうでない規範の使い分け。

はじめに 私たちが生活している上で、直接的に法律を意識する機会というのは少ないですが、 普段気にせずに行っていることでも、法律に沿って行われています。   もし法律に反する取引であれば、損害を被った側は、 法律によって取引を無効にしたり、取消したりすることが可能です。   このように絶対的な拘束力をもち、 最終的には裁判所の判断に委ねられ履行が求められるような、 社会的規範とし […]

税法大学院で使うおススメ条文集3選。

おススメ辞書等

はじめに 大学院では判例研究等を行いますが、 その前提としてまず関連条文に当たらないといけません。   入学するとまず条文集等を準備する必要がありますが、 ただ条文集も色々種類があって、どれを選べばいいのかわかりません。   大学院から指定があればそれを準備するだけなんですが、 基本的に使いやすいものを自由に使っていいとされることが多いので、 今日は私が使っている条文集等をご紹 […]

子供は見ている。子供に苦手意識を持たせないために気を付けていること。

文字を書く練習

はじめに 最近、子供が「お手紙を自分でかけるようになりたい」 と言い出したので、文字を書く練習をはじめました。   子供は、普段からお絵描きをよくしていて、 いろんな絵をかいては私に見せてくれるんですが、 文字はまだほとんど書けないので、 友達の名前を代わりに書いてあげることがあります。   先日、文字の練習のために「ひらがなドリル」を買ったので、 まずは自分の名前を書けるよう […]

研究室。一人になれる場所を複数持っておく。

はじめに 大学院には研究室があります。 研究室とは、その名称の通り研究するための部屋で、 各研究科ごとに設けられています。   研究室と聞くと、理科の実験のような、 薬品と薬品を混ぜ合わせる様なイメージが浮かぶと思いますが(私だけ?)、 法学研究科の研究室は、そういうあやしい実験施設ではなく、 パーテーションで囲った机が並べられていて、 自分一人のスペースとして使うことができる場所です。 […]

競争と共存。インプット中心の勉強とアウトプット中心の勉強。

はじめに 税理士資格を取得するには、税理士試験科目を5科目合格する必要があります。   また別の方法として、税理士試験の一部科目の免除を受けられる大学院を修了して、 大学院で執筆した論文を国税庁へ提出して認定を受けることで、 2科目の免除を受ける方法もあります。   一概にどちらがいいとは言えませんが、 選択肢があるというのは知っておきたいところ。   また、どちらを […]

自分の核となる部分を知る。そして知ってもらう。

はじめに 先日、ツイッターを見ていると「史上初の人体神経直結の義手を開発」 というニュースが流れてきました。   人体の脳から発せられる電気信号を、 腕の先端に取り付けた受信機で受信して、 その電気信号により思い通りに操作することができるという義手。   この開発により、人間はそうしたいと思っただけで義手を動かすことが可能となり、 細かい動作までできるようです。   […]

チャンスを掴む。チャンスの神様は前髪しかない。

chanceの神様

はじめに 誰しも「チャンスをものにしたい!」と思っています。   しかし、チャンスはあったとしてもそれを掴んで成功することは容易ではなく、 私も今まで何度もつかみ損ねて目の前を通り過ぎて行っています。   チャンスをものにするためには、 チャンスが回ってきたときにつかみ取るための準備が必要で、 何も準備ができていないと、チャンスがあることにも気づかず、 またチャンスに気付いてい […]

IMAX。映画は見るから体験するへ。

IMAX

はじめに 自宅で映画を見るのと映画館で映画を見るのでは、迫力が違います。 自宅でもテレビのサイズや音響設備によって、 ある程度の迫力を得ることができますが、 やはり映画館は映画を見る為だけに設計されていますので、 映画の視聴環境としては最適です。(誰の邪魔も入らない) 関連記事:動画配信やレンタルではなく、「映画館で映画を見る」という価値。/TIME-TAX   最近は、映像技術・音響技 […]